CHALLENGE

加地亮

元サッカー日本代表の加地亮のサッカー教室を開催!
詳細は後日発表!お楽しみに!

1980年1月13日生まれ。兵庫県南あわじ市出身。小学1年生時にサッカーを始め、西淡町立湊小学校、西淡町立御原中学校卒業後、95年にサッカーの名門・滝川第二高校に入学。柔らかいボールタッチと攻撃センスを武器に右のサイドアタッカーとして存在感を示し、全国高校サッカー選手権大会やインターハイに出場して注目を集める。
98年、セレッソ大阪でプロサッカー選手としてのキャリアをスタート。当時から若い世代の日本代表にも選出され、同年にはU-19日本代表としてアジアユースに出場すると、翌99年にはU-20日本代表としてFIFAワールドユース選手権・ナイジェリア大会に出場し、準優勝に貢献した。一方でセレッソ大阪では自身のフィジカルの弱さを痛感することも多く、伸び悩んでいたことから、00年には若手の育成に定評があった石崎信弘氏が監督を務めるJ2の大分トリニータへ期限付き移籍。2年間にわたりレギュラーに定着しながら体を鍛え直して自信を掴むと、02年には再びJ1のFC東京へ。4シーズンにわたり右サイドを定位置に存在感を示し、その活躍が評価されて03年10月には初の日本代表に初選出される。以降、『ジーコジャパン』ではレギュラーとして定着を見せる中で、04年のAFCアジアカップ2004中国大会や05年FIFAコンフェデレーションズカップ2005ドイツ大会、06年のワールドカップ・ドイツ大会等に出場し活躍を見せたが、08年5月には自らの意思で日本代表からの引退を発表した。
06年には2年越しのラブコールに応える形でガンバ大阪に移籍。08年のAFCチャンピオンズリーグや08年、09年の天皇杯連覇など、数々の栄冠に貢献をみせながら、約8年半にわたってチームの顔として存在感を発揮。14年6月にはかねてから希望していたメジャーリーグサッカー・チーヴァスUSAに自身初の海外移籍を実現する。だが同チームの解散に伴い15年には再び日本へ戻り、J2リーグのファジアーノ岡山で3年間にわたってプレー。レギュラーとして活躍したが、17年11月25日に同シーズン限りでの現役引退を発表した。
<出場記録> J1リーグ300試合出場3得点、J2リーグ199試合出場4得点/Jリーグ通算499試合出場7得点。 カップ戦32試合出場1得点/天皇杯通算43試合出場3得点 <日本代表> 国際Aマッチ64試合出場2得点 <個人タイトル> ベストイレブン(2006年)、Jリーグ優秀選手賞(2006、2007年)

BACK

ACO CHILL CAMP 2017
coming in

days
STOP 未成年者飲酒 飲酒は20歳になってから。
飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に
悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。
のんだあとはリサイクル。
のんだあとはリサイクル

ACO CHiLL CAMP TICKET

ACO CHiLL CAMP TICKET